2016年11月17日

「学力」の経済学

「学力」の経済学 中室 牧子 (著)


【読んで欲しい度】※
A:絶対読んで

【概要】
思い込みで語られることが多かった教育について、科学的に実証した内容が書かれている。

【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・因果関係と相関関係は全然違う。相関関係があるだけのエピソードに騙されてはいけない。
・因果関係を見つけるには、通常 実験をする必要がある。
・すぐに得られるご褒美を設定することで、「今勉強すること」の利益や満足を高めることができる。
・ご褒美は「テストの点数」などのアウトプットではなく、「本を読む」「宿題をする」などのインプットに与えるべき。
・むやみに褒めると、実力の伴わないナルシストを育てることになりかねない。
・結果ではなく、能力でもなく、努力を褒める。
・勉強するように言うのは、無駄な努力。拘る必要がある。
・男の子なら父親が、女の子なら母親が関わるのが効果が高い。
・非認知能力で重要なのは(自制心)と(やり抜く力)
・自制心は鍛えることができる。腕立て伏せを続けると言うようなことや、意識しないとしづらいことを継続的に行うと自制心を鍛えることができる
・やり抜く力は、自分のもともとの能力は生まれつきのものではなくて、努力によって後天的に伸ばすことができるということを信じると改善する。
・学校の資源は学力にほとんど影響を与えない。家庭の資源は学力に影響を与える。

【感想】
教育は誰に聞いても一家言ある分野だが、殆どが自分の経験を語っているに過ぎず一般に通用する内容は少ない。そんな中、最近は事実データベースで研究結果を公開している本も多く、この本もその一つで、これまで読んだ中で一番いい本やと思う。

【本の目次】
第1章 他人の成功体験〞はわが子にも活かせるのか?
データは個人の経験に勝る
第2章 子どもをご褒美〞で釣ってはいけないのか?
科学的根拠に基づく子育て
第3章 勉強〞は本当にそんなに大切なのか?
人生の成功に重要な非認知能力
第4章 少人数学級〞には効果があるのか?
エビデンスなき日本の教育政策
第5章 いい先生〞とはどんな先生なのか?
日本の教育に欠けている教員の「質」という概念
posted by bookwarm at 21:01| Comment(0) | 教育・資格 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月01日

カエルの楽園

カエルの楽園 百田尚樹 (著)


【読んで欲しい度】※
B:読んだ方がええ

【概要】
日本の置かれた状況や日本人の愚かな行動を、カエルの世界の寓話をつうじて読者に伝えている。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・特に新しい知識はないが、マスコミという強大な権力に屈しない考える力を持つ人が増えるように、子ども達に読んでもらいたい。

【感想】
普段から現状の日本に対して問題意識を持っている人にとっては、新しい発見はないかもしれんが、世の中に現状の危機感を伝えるという意味で、良い本やと思う。
posted by bookwarm at 04:46| Comment(0) | 社会・政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

​人工知能×ビッグデータが「人事」を変える

​人工知能×ビッグデータが「人事」を変える 福原正大 (著), 徳岡晃一郎 (著)


【読んで欲しい度】※
B:読んだ方がええ


【概要】
AIを使用した人事の最新動向を、アメリカの先進企業の例を通じて紹介している。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・日本企業は何を評価しているかわかりにくいので、何をどう頑張ればいいかがはっきりしない。暗黙知に基づき社員が空気を読んで行動する。科学的なアプローチがなければ、グローバル企業に太刀打ちできない。
・電卓や物差しと同じように、AI ×ビックデータもツールである。
・プロセスにおけるイノベーションを起こさないと達成できないような高い数値目標を掲げても、プロセス評価のしようがルーティン作業の側面だけを評価していることがある。
・多様性を重視した採用とは、単に多様性がある人たちを採用すると言うことではなく、あらゆる分野で世界のトッププレイヤーを選ぶと結果として多様性が作られるということ。
・growを研究してみる。https://magazine.grow-to-global.com
・AI ×ビックデータは無機質で非人間的な違いを目指すのではなく、「人間である人材」を、先入観抜きで大切に扱うための手段。
・プログラムの力は必須要件。MOOCsで英語もプログラムも勉強する。http://moocs.com


【感想】
以前から、日本企業のITリテラシーの無さや、あいまいな基準で動く人事評価制度などが気に入らなかったが、改めてその中身を説明してもらった気がした。
少なくとも私たちの世代で、大きく変えていかないと、競争力を失ってしまうという危機感を感じた。


【本の目次】
第1章 人事革命はすでに始まっている
●AI×ビッグデータ時代の採用試験は何を見る?
●勘に頼らない科学的アプローチ
●アメリカではすでに始まっている
●「ビッグデータ」とは何か
●人間の脳のように学習するコンピューター
●取り残されつつある日本の人事
●AIに人間が支配される?
ほか

第2章 AI×ビッグデータ革命とはいったい何なのか
●成長する人工知能
●AIは大学入試に合格できる
●チェスや将棋で名人に勝つAI
●状況に対応して進化し続けるAI
●ニューラルネットワークという考え方
●自然言語処理という分野の発達
●AIがネコの顔を認識できる
ほか

第3章 日本の「人事」はAI×ビッグデータを受け止められるか?
●日本型人事の四つの呪縛
1.制度志向と個別人事の限界
2.組織のベクトルと個人の意思のバランス
3.暗黙知経営とダイバーシティの相克
4.短期的成果主義と本質追求の両立
●人事業務に表れている限界

第4章 アメリカ先進事例レポート
●一流のエンジニアには300倍の価値がある
●グーグルの採用活動
●アメリカの先進ベンチャー企業群
●たった三人からなるできたてベンチャー企業
●詳細な職種とのマッチング度をスコア化
●大学教育:リアルコミュニティ×バーチャル講義
●採用:最高のイノベーション人材とは
ほか

第5章 AI×ビッグデータとこれからの日本組織
●イノベーションを起こし続けなければ生き残れない
●「振り返る力」がない日本の組織
●「安心組織」から「信頼組織」へ
●AI×ビッグデータ時代の人事とは
1.人事戦略:グローバル基準の戦略立案
2.採用:求める人材像の基準化
3.評価:「評判」の重要性
4.異動・配置:職場やメンバーとのマッチング
5.戦略から合理的に落とし込まれた教育・キャリアパス
6.企業文化はビッグデータの宝庫
●AI×ビッグデータ人事を生かす「高質な思い」

第6章 日本の人事革命の展望:「GROW」の試み
●学歴スクリーニングはもう要らない
●GROWと『マネー・ボール』の世界
●採用を科学するとこうなる!
●企業と人材のフィット感
●新しい人材による組織改革
ラベル:人工知能 AI
posted by bookwarm at 20:58| Comment(0) | 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

経済学の宇宙

経済学の宇宙 岩井 克



【読んで欲しい度】※
B:読んだ方がええ


【概要】
経済学の様々な分野において、著者の視点、大家の理論とことなる見方が語られている。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・様々なテーマについて話がされているので、経済に関する気になる点を考えるときに、関連事項を読む。
・ピケティの言う、資本家の成長は、アメリカの上位1%の所得増とは関係なく、彼らは会社からの報酬で成長している。
・株式会社は、持ち株が50%を超えると、株主の所有物となる非常に怖いもの。


【感想】
経済学って、わけわからん。
そうような権威のある人たちが、あいつは何もわかってないとか、批判したりする。
自然科学の世界では、あんまりこういうことは起きやん。


【本の目次】
第一章 生い立ち──「図鑑」から経済学へ
思考法の原点は図鑑/『1、2、3…無限大』から/劣等感に悩む/なぜ経済学を選んだのか/マルクスに違和感……/根岸隆「近代経済学」講義に感銘/「通説批判」刷り込まれた小宮隆太郎ゼミ

第二章 MIT留学――学者人生における早すぎた「頂点」
宇沢弘文と出会う/サムエルソンの講義からヒントを得る/サムエルソンとソローの助手――学者人生の「頂点」だった……/スティグリッツの誘い/軸足をケインズに移す/「見えざる手を見る」作業を始める

第三章 エール大学――『不均衡動学』を書く
「奇妙な矛盾」に直面/反革命の嵐/負債デフレーション理論に注目/「市場の不完全性」が安定につながる/資本主義の不都合な真実/加藤周一・武満徹・柄谷行人/気づけなかった傲漫さ

第四章 帰国――「シュンペーター経済動学」から「資本主義論」へ
シュンペーターを導きの糸に/資本主義論と進化論が結びつくとき/進化論の「異端」から学ぶ/マルクスの問題はすでに解かれていた/最も純粋な資本主義

第五章 日本語で考える――『ヴェニスの商人の資本論』から『貨幣論』へ
母国語で思考できるという解放感/ゼロの会とAA研セミナー/貨幣とは何か/自己循環論法の勝利/マルクスを超えて、マルクスを読み直す/マルクス「価値形態論」の破綻/資本主義経済の真の危機とは/無限の連鎖が崩壊する瞬間

第六章 再び米国へ――「日本経済論」から「法人論」へ
二つの契機/日本経済論の講義に悩む/企業人たちのホンネを聞く/青木昌彦J企業モデル/日本経済は逸脱した存在なのか/「法人」に驚く/乗っ取り屋と持ち株会社/株主主権論を論破/おカネが支配力を失っていく時代/グローバル化の外見と本質/「変わらなくてもよい」が「変わらなければならない」

第七章 東京とシエナの間で――「会社統治」論から「信任」論へ
ポンティニャーノ僧院の住人に/森嶋通夫先生との再会/オートポエーシス/石川君の死/混乱の元凶/経済学は倫理を葬った学問/文楽は信任関係の格好のモデル/『21世紀の資本』に答える

第八章 残された時間――「経済学史」講義からアリストテレスを経て「言語・法・貨幣」論に
二つの暗黙の前提/マルクス=ディズニー戦略/貨幣の思想家/無限への欲望/貨幣の逆説を直視/貨幣からの広がり――哲学、民主主義、悲劇、喜劇/「貨幣化」された社会が生み出した近代性/第一の問題の解決者ジョン・ロー/第三の科学=人間科学/言語・法・貨幣論/人間科学と市民社会論の追究
posted by bookwarm at 15:59| Comment(0) | ビジネス・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月19日

読んだら忘れない読書術

読んだら忘れない読書術 樺沢紫苑 (著)


【読んで欲しい度】※
C:読んでもええ


【概要】
本を読むことの利点と、本の内容を覚えておくための方法が記載されている。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・4つのアウトプットで記憶に残す。
@本を読みながら、メモを取る、マーカーでラインを引く。
A本の内容を人に話す。本を人に勧める。
B本の感想や気づき、名言をFacebookやTwitterでシェアする。
CFacebookやメルマガに書評、レビューを書く。
・すきま時間で読書するのが良い点は、制限時間があり集中力がアップするから。
・寝る前の読書は、記憶に残る。
・まず、全体を把握してゴールと読み方を決める。
@全体を把握する
A本を読む目的を設定する
B「速読」か「精読」かを決める
・同じジャンルの本を固め読みした方が圧倒的に記憶に残りやすい。


【感想】
データや根拠が少なく個人のエピソードや自慢話が多いよくあるほん。ただし、読みやすく、本を読むモチベーションを高めるためには良いと思う。


【本の目次】
なぜ、読書は必要なのか? 読書によって得られる8つのこと
第2章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 3つの基本
第3章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 2つのキーワード
第4章「読んだら忘れない」精神科医の読書術 超実践編
第5章「読んだら忘れない」精神科医の本の選択術
第6章 早く、安く、たくさん読める究極の電子書籍読書術
第7章「読んだら忘れない」精神科医の本の買い方
第8章 精神科医がお勧めする珠玉の31冊
posted by bookwarm at 20:39| Comment(0) | 生産性向上・能力アップ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月17日

世界のエリートに読み継がれているビジネス書38

世界のエリートに読み継がれているビジネス書38冊 グローバルタスクフォース (著)



【読んで欲しい度】※
B:読んだ方がええ


【概要】
ビジネススクールで、長年教科書として使われているような名著を38冊紹介している。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・バーバラ・ミント「考える技術・書く技術」を読む。
・ドラッカー「現代の経営」上下を読む。
・その他、紹介されている全ての本を読む。


【感想】
どんなビジネス書を読んだら良いか迷っている人には、最適。
ただ、要約だけだと意味が取れないものも多く、原本を読んだ方がとっつきやすいものもある。


【本の目次】
第1章 ゼネラルマネジメント
第2章 論理的思考
第3章 技術経営・アントレプレナーシップ
第4章 ヒト(HR/組織行動)
第5章 モノ(マーケティング)
第6章 カネ(会計・財務)
第7章 戦略
posted by bookwarm at 06:33| Comment(0) | 自己啓発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月13日

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる

0ベース思考---どんな難問もシンプルに解決できる スティーヴン・レヴィット (著), スティーヴン・ダブナー (著), 櫻井祐子 (翻訳)


【読んで欲しい度】※
A:絶対読んで


【概要】
固定観念に囚われてしまう人たちが殆どの世界で、真実をベースに動くと変人扱いされるが、それが素晴らしい結果を生むことを教えてくれる本。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・直感や主義主張を排除する。
・自分がもともと持っている考えを裏付けるような情報ばかりを探そうとする。
・有益なフィードバックを得ようと思ったら、実地試験をするのが良い。
・大人の世界で「わかりません」と言うのは非常識。そのような人に信頼されてしまう。
・問題を解決の方法を変える。ホットドッグをもっとたくさん食べるにはどうする?ではなくホットドックを食べやすくするにはどうしたらいい?に変えた。
・自分で決めた人為的なバリア、脳へのだましが限界を押し広げる。
・フリークみたいに考える。豚は子供みたいに考えること。
・募集を与えて子供押しつけるのに失敗するのは、報酬が少な過ぎることもある。
・物語を語るのは大切なこと。長エピソードは、例外に過ぎないので、エピソードを集めても有益な物語にはならない。
・物事を計画するときに、悲惨な大失敗に終わったがどうなるかを想像する人を具体的に書き出してもらう。



【感想】
ゼロ何ちゃらって言う本がいっぱい出てて、何冊か読んだけど、この本がほんまもんやった。面白い。


【本の目次】
第1章 何でもゼロベースで考える――バイアスをゼロにしてアプローチする思考法
第2章 世界でいちばん言いづらい言葉――「知らない」を言えれば、合理的に考えられる
第3章 あなたが解決したい問題は何?――問題設定を変えて、すごい答えを見つける
第4章 真実はいつもルーツにある――ここまでさかのぼって根本原因を考える
第5章 子どものように考える――「わかりきったこと」にゼロベースで向き合う
第6章 赤ちゃんにお菓子を与えるように――地球はインセンティブで回っている
第6章 赤ちゃんにお菓子を与えるように――地球はインセンティブで回っている
第7章 ソロモン王とデイビッド・リー・ロスの共通点は何か?――庭に雑草を引っこ抜かせる方法
第8章 聞く耳をもたない人を説得するには?――その話し方では100年かけても人は動かない
第9章 やめる――人生を「コイン投げ」で決める正確なやり方
posted by bookwarm at 21:10| Comment(0) | 人文・思想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

人工知能は人間を超えるか

人工知能は人間を超えるか 松尾 豊 (著)


【読んで欲しい度】※
A:絶対読んで


【概要】
人工知能の現状と展望を、本当の専門家が解説している。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・人工知能研究の多くは、知能を「分析的」ではなく「作ることによって理解する」手法で進化させようとしている。
・機械学習では特徴量「データの中のどこに注目するか」を取り扱う。
・ディープラーニングは、データをもとに自ら特徴量を作り出す。(仮説は人間ではなくコンピュータが作り出す。)
・コンピュータが見つける特徴量は、人間が意識するものと違っても構わない。
・学習するとは、データを分けること、イエスかノーかで答える判断をすること。
・学習には時間がかかるが、学習したものを適用するのは一瞬。
・特徴表現学習のアルゴリズムがオープンにならず、学習済みの製品だけが販売された場合、後発では太刀打ちできなくなる。
・日本では、機械学習の精度が上がると、売り上げが莫大に伸びるというビジネスモデルがないことが問題


【感想】
2002年に著者は、インターネット上の大量のウェブサイトを分析しキーワードの関連を、広告に利用することをプレゼンした時には、くだらない事を言うな、そんなものは出来ないと、馬鹿にされたそうだ。こういうものこそイノベーションなんやろうな。
翻訳、通訳はAIで直ぐにでも、完璧になると思っていたが、他の分野と比較しても、意外と難しいものだということがわかった。


【本の目次】
序 章 広がる人工知能――人工知能は人類を滅ぼすか
第1章 人工知能とは何か――専門家と世間の認識のズレ
第2章 「推論」と「探索」の時代――第1次AIブーム
第3章 「知識」を入れると賢くなる――第2次AIブーム
第4章 「機械学習」の静かな広がり――第3次AIブーム(1) 
第5章 静寂を破る「ディープラーニング」――第3次AIブーム(2) 
第6章 人工知能は人間を超えるか――ディープラーニングの先にあるもの
終 章 変わりゆく世界――産業・社会への影響と戦略

ラベル:人工知能 AI
posted by bookwarm at 13:04| Comment(0) | 科学・テクノロジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月07日

日本が戦ってくれて感謝しています2

日本が戦ってくれて感謝しています2 あの戦争で日本人が尊敬された理由 井上和彦 (著)


【読んで欲しい度】※
B:読んだ方がええ


【概要】
現在の日本では先の戦争が、自虐史観の観点から伝えられる事が殆どだが、この本では大東亜戦争の隠された良い部分が現地取材とともに書かれている。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・第一次世界大戦において、日本海軍特務艦隊は、その素晴らしい働きから「地中海の守護神」と感謝されていた。
・インドネシアの独立宣言の日付は、「皇紀」書かれている。
・海外旅行に行く時には、この本を読んでから行く。


【感想】
日本人としての誇りを取り戻す一助となる本。戦勝国や日本を弱体化させたい国が考え出した日本の姿ではなく、本当の日本の姿を知る事ができる。自分たちのおじいさん世代が、どれほど立派であったか、今後も調べていきたい。
この本の存在する意味は、欧米、中国、韓国を嘘つきの酷い国家として批判するのではなく、日本人が誇りを取り戻し、本当の仲間であるアジア諸国とのつながりを強く持つ事にある。


【本の目次】
まえがき 序 章 【マルタ・日英同盟】「地中海の守護神」と感謝された日本海軍特務艦隊
第1章 【インドネシア1】白馬の天使がオランダの鉄鎖を切ってくれました
第2章 【インドネシア2】独立の自信を持たせてくれました
第3章 【インドネシア3】「日本精神」と竹槍で独立を勝ち取りました
第4章 【グアム・サイパン・テニアン】日本のために戦ってくれて感謝しています
第5章 【シンガポール】世界が一変したシンガポールの戦い
posted by bookwarm at 20:52| Comment(0) | 地理・歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月31日

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書

お金持ち入門 資産1億円を築く教科書 土井 英司 (著, 編集), 朝倉 智也 (著), 伊藤 邦生 (著), & 9 その他


【読んで欲しい度】※
C:読んでもええ


【概要】
貯蓄、株式・債券、投資信託、税金、不動産、海外投資、保険、相続のそれぞれの専門家が、王道と裏技的な資産形成術を解説している。


【読んだ後に覚えておくべきこと・するべきこと】
・お金持ちになるための4つのルール
@「年収」よりも「資産」が大事
A貯めたら一定の範囲内で大胆に勝負をかける
Bサラリーマンでも節税できる仕組みを持つ
Cリスクのない借金をする
・年収1000万円を目指すのではなく、資産1億円を目指す。
・お金を貯めて切ればケチケチ節約するのではなく、アグレッシブに貯める。
・特別な目的のない貯金を年収の半分は貯めておく。
・お金の使う時は、欲しいからか、必要なからか、しっかり意識する。
・株式投資家は年齢層が高く、若い年齢層のヒット商品が出てから株価が変動するまでタイムラグがある。
・株価よりも、投資した企業の決算を気にすること。
・お金持ちになったら、資産運用からは逃れられない。実際に投資して知恵を蓄えておこう。
・好きなことで起業をすれば、好きなものが全て経費で買えます。
・不動産投資の特徴@高い配当が安定して得られる。Aレバレッジを効かせやすい。B参入障壁が高く、一旦入れば競争が少ない。


【感想】
読みやすくて、勉強になる。全てができるわけではないが、いくつかは早速始めたい。


【本の目次】
第1章 あなたもお金持ちになれる!
第2章【貯蓄】まずは300万円をアグレッシブに貯める
~ワクワクする節約で300万円貯めよう!
第3章【投資】株式・債券でお金を増やすテクニック
~投資でお金とビジネスセンスを手に入れよう!
第4章【投資】投資信託でお金を増やすテクニック
~優秀なプロに任せて、資産を大きく伸ばす!
第5章【税金】社長はこんなにズルをしている
~サラリーマンでも節税できる!
第6章【不動産】失敗しない物件の選び方と投資術
~借入の力を借りて、魔法の資産を手に入れる
第7章【海外投資】海外投資でしっかり儲けるヒント
~成長する世界でお金を増やそう
第8章【保険】ムリ・ムダのない戦略的な保険のかけ方・使い方
~「人生で2番目に高い買い物」を賢く使う
第9章【相続】お金に振り回されない相続
~悪魔のテクニックと最大の相続対策
posted by bookwarm at 07:17| Comment(0) | 投資・マネー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

※読んで欲しい度の説明
A:絶対読んで
B:読んだ方がええ
C:読んでもええ
D:読まんでええ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。